フォーラム「アジアと北海道のつきあい方・パートⅨ」を開催いたしました。

2017年2月3日、札幌市すみれホテルにてフォーラム「アジアと北海道のつきあい方パートⅨ」(参加人数約100名)を開催いたしました。本フォーラムは、平成20年度を皮切りとし、今回で9回目と開催となり、私どもNPO日本自治アカデミーとグリーンシード21が共催で実施しているものでして、会員の方を始め、一般の方々にも多く参加頂いています。

フォーラムでは、まず主催者を代表して谷理事長より挨拶のあと、テーマ『「北海道」で学び、世界を翔る! ~アジアからの留学生、北海道の未来を語る!』と題して、コーディネーター・菅原文子さん、パネリスト・鐘 正(ショウ セイ)さん(中国)、孫 易琪(ソン エキキ)さん(中国)、チャンポーカンさん(マレーシア)、潘 盈珊(ハン エイサン)さん(台湾)、ファティマジョイコンスルクルーズさん(フィリピン)、ファーレザアインヌル・リザルさん(インドネシア)、李 削陽(リ シャオヤン)さん(中国)の8名によるディスカッションを開催し、北海道に留学して学んでいる事、北海道の好きな観光地や食べ物、将来の夢や外国人観光者に対して北海道観光が不足している点などをお聞きいたしました。

最後に閉会の挨拶(グリーンシード21 広瀬代表)後、留学生を交えて、懇親交流会を開催し熱のこもった交流と親睦が深められたところです。

ご参加頂いた皆様、誠にありがとう御座いました。


関連記事

  1. フォーラム「アジアと北海道のつきあい方・パートⅧ」開催いたしました。

  2. フォーラム「アジアと北海道のつきあい方・パートⅦ」開催いたしました。